スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2017年09月30日

リバイバル

じゃあとりあえず書いていきたいと思います。でも今電車でスマホしか使えないから長文は書けない…
という事で前ブログ(もうタイトルも覚えてないよ(>_<))のログが一記事だけ残っているので再掲します。2014年ぐらいの記事です。こういうのを書いてたら凍結されたんですよね


私はナイロンが好きだ。他の誰よりも。
プレートキャリアを着用しての外出はもちろんする。(不良に絡まれ腹パンされるのでSAPIプレートを挿入しているのである。)

OTVやIOTVといったボディアーマーにはグローインと言われる股間をガードするアーマーがある。
パラクレイトといったナイロン・マニアにはたまらないメーカーもSmoke Green色のグローイン・アーマーを作っている。

私は考える。――それだけでは足りないのではないか?何が足りないのか?
陰茎本体への防御が足りない・・・?
ナイロンという材質はボディアーマーに使われるだけではなく、迷彩服のパンツにあて布をして擦れるのを補強することもある。
補強。摩擦に対する耐性。

陰茎本体を扱いて精液―Samenを発射する行為、自慰。そのとき当然陰茎には摩擦の負担がかかるのである。
陰茎にナイロンを巻きつける。高まる摩擦関数。発射される白濁液。すべてを悟った私にもはやナイロンは必要なかった。深い満足感が身体(主に陰茎付近の下半身)を支配するだけだった。

ナイロンは必要ない。熱を加えられて溶けてゆくナイロン。焦げた黒と精液(その数なんと3億!)のコントラストが美しい。


う〜んこれは…三島由紀夫先生の金閣寺に似たようなカタルシスを書きたかったんですかね。とりあえず今これを書こうと思っても無理だな  


Posted by UTO at 18:25Comments(0)

2017年09月30日

はじめまして

皆さんはじめまして、文豪です
3年ぐらい前にミリブロを凍結されてそれ以来ミリブロは敬遠していたんですが、気が狂ったので戻ってきました
やさしくしてね♡

  


Posted by UTO at 18:07Comments(0)